• 自殺志願者は[自殺ダメ]で検索!
    自殺してはならない霊的な理由 自殺してはならない霊的な理由

    自殺で死ぬ前に、ここをクリックしてリンク先に書かれている情報を読みなさい!苦しまないで済む方法が掲載されているから。[クリック]

    自殺が駄目な理由

    [死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    風船用ヘリウムガス
    風船用ヘリウムガス

     

     

    日本でも安楽死を実現できる

     

    直ぐに意識を喪失し、そのまま眠りつつ息を引き取ることが可能。しかも安全で、他人を巻き込む惧れも無い。死体も綺麗である。

     

    本当にそんな自殺方法があるのか?今まで数々の自殺方法を紹介してきたが、楽に死ぬことが如何に難しいかが理解して頂けたことかと思う。

     

    その一つの答えとなるのが、ヘリウムガスによる自殺である。

     

    [自殺]と[ヘリウムガス]。この、一見何の関係もない組み合わせにピンと来ない人も多いかと思う。しかし、日本では未だマイナーだが(但し、2ch内ではけっこう有名)、海外では安楽死可能な自殺方法の一つである、と言われている。

     

     

    では、今回はヘリウムガスを用いた自殺方法と安楽死が出来る原理、そしてヘリウムガス自殺に伴うリスクについて考察していきたいと思う。

     

     

     

     

     

    ヘリウムガスでの自殺の原理

    ●実際の死因は窒息死

    ヘリウムガス自殺での実際の死因とは、酸素欠乏による窒息死である。ヘリウムガスそれ自体は危険ではない。ただ、ヘリウムが体内に入れば血中溶存窒素や二酸化炭素が一気に気化して大変なことになる場合もある為に、そういった見方からすれば、有害ではある。但し、毒ガスのサリンのように、気体そのものに有毒性がある訳ではない。まあ、吸い過ぎると大変な目に遭う、ということ。

     

    参考・実は危険!ヘリウムガスの後遺症と注意点まとめ-WAVE NEWS

     

    以下は2chのテンプレの一部意訳。

     

    人間の身体は酸素がとても薄い気体を吸い込んだ時、逆に、肺の中にある酸素が奪われてしまう(濃度の関係上、肺の中の酸素が外の空気に吸い取られてしまうから)。

     

    その結果、脳に酸素が行き届かなくなるので、意識を失う。そして間もなく呼吸が停止する。そのまま体に酸素が無い状態が連続すると、約13分後に死に至る

     

     

    [酸素欠乏時の症状]

    ※空気中の酸素は通常、約21%

    酸素濃度16%・呼吸と脈拍の増加、頭痛、吐き気、集中力の低下

    酸素濃度12%・筋力の低下、眩暈、吐き気、体温上昇

    酸素濃度10%・顔面蒼白、意識不明、嘔吐、チアノーゼ

     

    [後遺症の残るライン]

    酸素濃度8%・昏睡

     

    [極めて重い後遺症の残るライン]

    酸素濃度6%・痙攣、呼吸停止

     

    参考・酸素欠乏症-Wikipedia

     

     

    ※酸欠にも二種類ある。

     

    ①急性酸欠

    酸素が0%又はそれに近い状態で起きる症状で、僅か1~2回の呼吸で倒れ、蘇生の見込みはない

     

    ②緩急性酸欠

    徐々に酸素が低下していく場合の酸欠。徐々に身体が動かなくなっていき、やがて死に至る。

     

    参考・酸欠の症状とは?痺れや頭痛を感じる場合は要注意!

     

     

     

     

     

    ヘリウムガスでの自殺が安楽死と呼ばれる所以

    ・睡眠薬と違い、個体差が少なく、正しい状況さえ作れば、自殺未遂の確率は極めて低い

    ・昏睡状態の為、上手くいくと一瞬で意識を失い、(他の自殺方法と比較して)苦痛を最小限に抑えることが出来る。

    ・他の自殺と異なり、血流を止める訳ではないので、鬱血等も起こりにくく、また死体も非常に綺麗だと言われている(まあ、死後の自分の死体のことまで考える人は少ないと思われるが)。

    ・ヘリウムガスそのものは無害な為、硫化水素や練炭と異なり、他の人を巻き込んで死なせたりする、いわゆる二次被害のリスクを最小限に抑えることが可能である(但し、自殺した場所が事故物件となる等の被害は当然発生する)。

     

     

     

     

     

    ヘリウムガス自殺に必要な道具

    大体三つの道具が必要となる。①ヘリウムガス、②それを閉じ込める袋、③濡れないように塞ぐもの、である。

     

    ①ヘリウムガス

    ヘリウムガスは[声を変える用]と[風船を膨らます用]があるが、必要なのは[風船を膨らます用]である。必要量は400L×2もあれば安心である(ソースは2ch)。

     

    全国の風船店(バルーンショップ・ドリーム)でも購入可能だが、店舗も限られているので、基本的にはアマゾン等のネット店舗にて購入するのが無難かもしれない。

     

    ↓このようなもの。一つ400Lで大体5000~6000円位と比較的高価ではある。

     

    ヘリウムガス販売
    ヘリウムガス販売

     

     

    ※声を変声させる用途のヘリウムガスは、安全の為に、ヘリウムガス濃度80%、酸素濃度20%となっており、ヘリウムガスの濃度が低い。他方、風船用のヘリウムガスの濃度は99.5%である。

     

     ②ポリ袋

    頭部を覆える程のサイズの物(目安は30L~40L

     

     ③塩ビチューブ、輪ゴム、バンド、ビニールテープ等

    塩ビチューブはポリ袋にヘリウムガスを入れる為に使用する。ヘリウムガスを直接袋に入れられれば、何でも良い。2chのテンプレ(内径9、外径12mm)に最も近い内径8、外径13.5mmのモデルがよく売っている。

     

    塩ビチューブ
    塩ビチューブ

     

    輪ゴムやバンドやビニールテープ類は、袋の口を塞ぐ為に使用する道具である。

     

     

     

     

     

    ヘリウムガスの自殺方法について

    1.空気を抜いたポリ袋にチューブでヘリウムガスを入れ始める。ビニール袋は二重にしよう(空気漏れ防止の為)。

    2.空気が入らないように、ビニールを被る。

    3.ゴムやバンドで口をする。

    4.ヘリウムガスを思いっきり吸い込む。

    ※2chの情報から、1分経過しても特に何の体の変化も無い場合には失敗とのこと。

     

    そのまま意識を失い13分経過し、その間に空気漏れがなければ、そのまま死亡することになる。

     

     

     

     

     

    ヘリウムガスで自殺を完遂するまでのポイント

    ヘリウムガス自殺未遂の多くは酸素0%の空気が作れていない為である。特にビニール袋からの空気の漏れが多いようだ。ビニール袋を被る時、被った後で倒れる時には気を付けること。服薬自殺と異なり、回数に応じて未遂率が高まる等は無いので、やり直し自体は比較的容易である(業務用のヘリウムガスは比較的高価だが)。

     

    なお、身も蓋もない話だが、最悪ヘリウムガスが無くても、睡眠薬を服用してからビニール袋を被り口を塞げば、酸欠で死んでしまう可能性もある

     

     

     

     

     

    ヘリウムガス自殺の後遺障害について

    ヘリウムガスそのものは比較的無害なので、他の自殺方法と比較してもリスクは少ない。意識がある内に止めれば大きな後遺症にはなりにくい。ただ、脳に酸素が行き届かないタイプの自殺方法なので、脳細胞が死にまくる重篤なヘリウムガス自殺未遂の場合には、当然のことだが、半身不随や寝たきりのリスクが伴うことになる

     

     

     

     

     

    最後に一言

    まあ、ヘリウムガス自殺は安楽死で死ねそうですが、失敗する確率もけっこう高いということです。失敗しない為には、事前に入念な準備と知識の獲得が必要だということ。突発的に今すぐに死にたいという自殺志願者には、無理かもしれません。

     

     

     

    死にたい

    死にたい時に楽に死ぬ①~苦しくない首吊り自殺の方法

    死にたい時に楽に死ぬ②~睡眠薬と服薬自殺と致死量の方法

    死にたい時に楽に死ぬ③~服薬自殺の方法

    死にたい時に楽に死ぬ④~練炭自殺の方法

    死にたい時に楽に死ぬ⑤~リストカットと出血死による自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ⑥~飛び降り自殺について

    死にたい時に楽に死ぬ⑧~硫化水素自殺方法について

     

    自殺の霊的知識へ
    [死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について