• 自殺志願者は[自殺ダメ]で検索!
    自殺してはならない霊的な理由 自殺してはならない霊的な理由

    自殺で死ぬ前に、ここをクリックしてリンク先に書かれている情報を読みなさい!苦しまないで済む方法が掲載されているから。[クリック]

    自殺が駄目な理由

    [死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    自殺方法の紹介についての事前説明

     

    自殺方法の絵
    自殺方法の絵

     

    本投稿は、いかなる自殺方法をも推奨することはありません。ただ単に、目的とする自殺防止サイトに誘導する為に、自殺方法を掲載していた外国のサイトの文章を翻訳した文を紹介しているだけです。

    又、以下の内容は、医学的、科学的に自殺の種類を検証したものです。自殺はとても悲惨で、且つ、自殺という極端な決定により、残された遺族の中には、精神的に苦しんでいる人が多数おられます。たとえ自殺未遂で生き残ったとしても、幸運とか幸せと呼べるような暮らしが待ち受けているとも限りません。一生寝たきりとか車椅子生活が待っているとしたら、それはそれで生き地獄となります。死んでも生き残っても、どの道、自殺行為は悲惨な末路を辿ります。

    更に言えば、以下の文章は、自殺志願者が抱いている自殺の認識に対し、警戒心を与える目的もあります。自殺方法についての知識を吸収し、各種の自死の方法が、一体どのように悲惨なのかを勉強して頂きたいのです。

     

    [自殺の定義]

    自殺(自死)は、幾つかの死の形態の内の一つであり、自らの人生を自らの手により中断させる行為のこと。この行為は、現実の苦痛を停止させる為のものと、現実の問題を解決する為の意味合いがある。現実の痛みや問題は、病気・貧困・失業状態・不条理・犯罪・社会構造の不合理さ等の個人的な理由から、社会的な理由に至るまで様々である。

     

    安楽死も自殺の一環と言えなくもない。有名人の自殺にジャーナリズムが大きな役割を果たしたこともある。その有名人自身をメディアの過剰報道により死に縁にまで追い詰めた結果の自死もあるし、その有名人の自殺を各種のメディアが詳細に取り扱い大々的に報道することにより、無名の一般庶民の中の自殺志願者が呼応する形で自殺率を高める結果となることが、頻繁に発生している。これを具体的にウェルテル効果と呼ぶ。

     

    通常、普通一般の社会では、自殺で死ぬことは極力避けねばならない行為と見做されている。もしもその国が、社会的に自殺率が高い場合、国際的な評価は、[生き易い社会かどうか?]という評価においては、失墜する傾向がある。また、自殺は通常、社会的な損失と見做されている。高い自殺率と低い出生率が合わさった国は、国家破産のシナリオも現実味を帯びて来る。つまり、未来に対して希望が一切無く、絶望社会ということだ。

     

    自殺志願者を国家が管理することは極めて難しい。いつ、どこで、誰が、今まさに死にたいと思っているのか?ということは、赤の他人には分からないからだ。いくら行政とはいえ、人の心の中や、各個人の部屋の中まで虱潰しに詮索することは不可能だ。ちなみに、韓国は2015年の時点で、OECD加盟国の中で、最も自殺率が高い。この自殺問題の解決には、各個人の心因性の問題故に、心のケアが必須である。

     

    自死を選ぶ動機、及び、自殺による死の影響次第で、自殺の意味は全く別の方法で理解されることもある。自らの人生を中断する行為という広い意味においては、自殺と自決は同じ意味だ。しかし、死の動機や影響を考慮した狭い意味としては、自殺と自決は別の意味で使用される。自殺が消極的で否定的な行為とされる一方、自決は積極的で肯定的な行為であると認識される。自決は定義のメッセージを配信する強力なコミュニケーションの手段とされており、自決した人を[烈士]とか[勇気ある人]のように命名したりする風潮も一部ではある。しかし、これは死の動機と影響が、通常の自殺と大きく異なると一般的に考えられているからである。

     

    自殺者は遺書を残すこともする(ただ、自殺方法にもよるが、大半の自殺を決行した者は、自殺未遂者となり生還する)。しかし、自殺方法で死亡した者が、どのような人生を生きてきた人物なのかに応じて、生きている人達、つまり残された身近な人々の反応は様々である。また、その遺書は、残された人が自殺者の動機を紐解く上での重要な資料となる。但し、自殺を装った殺人事件の場合、この遺書を細工して、殺人行為を偽装することもあるので注意が必要だ。

     

    また、性暴力被害者も突発的にショックで自殺する場合がある。また、殺人犯でも刑務所の中でシーツ等を使用し首を括ったりして自殺をすることがある。つまり、何が言いたいのかといえば、全ての自殺者を同様に捉えて、同じ[自殺者]と一括りにすることは、けっして、してはいけないということだ。勿論、自殺は駄目なことなのだが、その自死に至るまでの動機及び経緯は、各個人により様々な理由があるから。連続殺人犯が、警察から逃走中に、もう逃げられないと思って拳銃自殺したパターンは、頻繁に起こっているが、その場合、その自殺者に同情する者は誰もいないであろう。

     

    では、以下、各種の自殺方法を詳細に紹介していく。

     

     

    [自殺方法の種類]

     

    〇首吊り自殺

    痛みスコア4/10

    手間スコア4/10

    成功確率 8/10

    迷惑指数 4/10

    (10点満点基準)

     

    この自殺方法は、一般的に芸能人や有名人が頻繁に活用する死に方でもあり、作品(映画や小説等)の中でも定番の演出的な自死方法である。テレビニュースや新聞報道、ネットニュース、個人のブログ等でも、しばしば頻繁に登場している。元々、首吊りとは、窒息死させて己を死なせることと誤解しがちだが、実際はそうではない。

     

    ロープ等の紐状の物体により、喉の奥にある頸動脈と椎骨動脈を塞ぐことで、脳への血流を停止させて、[急性脳貧血]状態にして死に至る原理である。従って、事実上、首を絞める瞬間に殆ど意識を直ぐに失うこともある。あくまでも最高レベルに手際良く上手くやれば、の話だが。

     

    死ぬまでの時間は最短で10秒程であるが、この瞬間的に死ぬタイプの首吊り自殺の方法の場合は、刑務所の中で行われる死刑囚の死刑執行の如く、床がパカッと開いて数メートルも勢い良く落下し、一気に首の骨をへし折る方法なので、一般家庭内でこの仕組みを組み立てるのは至難の業である。ただ、この首吊り自殺方法ならば、事実上、痛みを感じる時間は殆ど無く死ねる。

    首吊り自殺に必要な条件

    持ち物:耐久性のある頑丈なロープ、又は首吊りする人の全体重を支えるに耐え得る紐状の様々な形態の物(スカーフやベルト等でも良いが、本来の使用目的とは全く異なる使い方故に、体重の軽い人のみしか使用は不可能であろう)。

     

    場所:現代的な住宅ならば、ベランダ、ドアの取っ手(ハンドル)、ベッドの柵、階段の柵等、地上より1m以上高い場所に位置する、縄や紐やロープを括り付けることが可能な場所。

     

    その他の注意事項:この首吊り自殺方法は、細かく死ぬ時間を設定出来る方法ではない。この首吊り行為の後の結果は、瞳孔が開いた後に目玉が飛び出る、舌が異常に飛び出る等、非常に見苦しい死体で発見される可能性が高い。確かに死に方としては、簡易的に死ねて非常に便利かもしれないが、死んだ後の首吊り死体は、けっして美しい姿ではない。

     

     

    〇練炭自殺(一酸化炭素中毒自殺)

    痛みスコア8/10

    手間スコア8/10

    成功確率 8/10

    迷惑指数 8/10

     

    練炭を燃焼させることにより排出される一酸化炭素は、空気よりも何十倍もの効率で体内に吸収される為、一酸化炭素中毒にかかり死亡することが出来る。だが、一酸化炭素は、低濃度でも危険な気体であるが、高濃度では、更に早い時間にて意識を失うことになる。一方、徐々に一酸化炭素が練炭から出て密閉された空間を満たすと、一応、四肢の痺れ等の初期症状が開始され、呼吸器器官が少しずつ麻痺していく。その結果、一時間から数時間にわたりて苦しみながら死に行く可能性が非常に高い。

    練炭自殺に必要な条件

    持ち物:練炭、七輪、発火の道具(ライター・マッチ・チャッカマン等)。

     

    場所:完全に密閉された場所・空間(ガムテープにより塞いだ車内や浴室等)。

     

    その他の注意事項:人工的に完全に密閉された死に場所が存在しない場合には、自動車の中や家の中等で練炭自殺を実行する場合、空気を遮断し密閉させる作業(テーピング等で全ての空気を遮断)が必須の為に、かなりの手間・重労働が必要である。今から死にたい自殺志願者が行うには、ちと気力が不足しているかもしれない。

     

     

     

    〇飛び降り自殺

    痛みスコア3/10

    手間スコア2/10

    成功確率6/10

    迷惑指数8/10

     

    飛び降り自殺は、各種の自殺方法の中で、かなり人気が高い。人工的に作られた建物からの飛び降りでも、海に面した崖から海面に飛び込むことも、山脈の中の切り立った崖から下の岩場に飛び降りることも、いずれも飛び降り自殺の形態である。人間の創作物の作品の中の飛び降り自殺の表現としては、入水形式の飛び降り自殺は、水面に血が広がって終わる演出が殆どである。しかし、実際の投身自殺は、そのような綺麗な形で終わることは不可能である。

     

    飛び降り自殺の痛みの具合は、自殺を考えている人に恐怖心を与えて自殺を躊躇わせる為に、殆どの投身自殺のケースにおいては悲惨極まる形で表現されている。例えば、脳は頭蓋骨により保護されている為、高所から地面に激突したとしても即死出来ず、かといって気絶も出来ず、全身が麻痺して壊れた感覚と壮絶な痛みを感じ続けると主張しているケースが多い。

     

    しかし、気絶というのは、各種の事故、或いは原始的な部族による儀式や、現代人の失神ゲーム等を見ても分かる通り、[気絶出来る状況]を人為的に作れば、それ程には難しいことではない。

     

    但し、日常生活の中においては、そのような気絶する状況は滅多に訪れないが故に、気絶することはとても難しいように感じられるのだ。例えば、マンションからの飛び降り自殺の状況においては、低層階から落下したのか、最上階から落下したのかにより、気絶する確率、即死する確率は当然異なる。又、落下地点にセダンやミニバンタイプの自動車の屋根があれば、薄い鉄板で屋根が形成されているが故に、それがある程度クッションの役割を果たして、死亡確率は下がる。但し、自動車といっても、クレーン車の場合ならば、鋼鉄のクレーンに激突したならば、即死は免れないだろう。

     

    又、落下地点がプラスチックの屋根に保護された駐輪場ならば、ほぼ助かるであろう。地面に直接激突した場合であっても、芝生に落ちたのと、コンクリートに落ちた時では、致死率に著しい差が発生する。とにかく、植木にしろ、店舗に被さる布製の簡易的な屋根にしろ、そのような軟らかい緩衝材の役割を果たす物体の上に落ちれば、その投身自殺は、自殺未遂で終わる可能性が極めて高い。だから、案外、飛び降り自殺とは、直ぐに気絶することになるとは限らず、まして即死するということは、稀なのである。要は、落下地点を確認してから飛び降り自殺を敢行することは必須である、ということだ。もしも誰かに激突して巻き添え死させてしまったり、重度の身体障碍者にさせてしまえば、その悲惨さは物凄いことになる。

     

    もしも飛び降り自殺未遂で生き残ったならば、生存したとしても、一生を病院や自宅のベッドの上にて植物人間状態や、下半身不随、首から下が麻痺して一切動かせなくなる等の身体状況にて暮らしていかねばならなくなるであろう。とにかく、金銭的にも、本人の精神的にも、周囲の人の精神としても、著しい負担になるので、最初から飛び降り自殺など選択すべきではない。そもそも、自殺自体、すべきではない。このような地獄の状況にて生き永らえなければならないとすれば、元々の五体満足の肉体の段階で、自己破産なりして気分一新して、どこか遠くへ引っ越して、心機一転、新たな生活をスタートさせる方が良い。

    飛び降り自殺に必要な条件

    持ち物:不要。但し、高所までの移動経費は必要。徒歩での移動ならば無料。

    場所:ビル、マンション、校舎、橋等の人工建造物や、自然の中にある高低差が激しい場所(垂直に切り立った崖等)が望ましい。但し、落下地点に緩衝物となるような物体が無いことが条件。勿論、人間に激突しても、その人が緩衝材の役割を果たしてしまうので、注意。故に、落下する時には、直前まで下を覗き込んで、誰もいないことを確認してから飛び降りることが必須条件である。自分が確実に死ぬ為にも、他者を巻き添えにしない為にも。

     

    その他の注意事項:落下時の高さが重要なのは言うまでもないが、地面に激突する時の体勢にも注意を払いたい。脚から激突するパターンと、頭部から激突するパターンとでは、致死率に著しい差異が生じるから。又、飛び降り自殺の方法と似たような方法(自分自身の体を瞬時に激しく損壊させる方法)としては、地下鉄への飛び込み自殺、地上を走る列車への投身自殺、道路を走る自動車・トラック・バスへの飛び込み自殺、大きな橋(陸橋)からの飛び降り自殺、海に飛び込んでの入水自殺等が存在する。

     

    但し、勿論、自然界の中の、誰も来ないような奥地の崖から飛び降り自殺したとしたら、その投身自殺者の死体の発見も、永久になされない可能性が極めて高い。その死体は直ぐに腐るし、野生動物や昆虫やキノコにより分解されるであろう。夏場であれば、数週間後には跡形も無くなっているかもしれない。死後の自分の死体を早期に発見してもらいたいのならば、なるべく誰かに早めに発見してもらえるような場所から飛び降りるべきである。

     

     

    〇低体温自殺

    痛みスコア5/10

    手間スコア6/10

    成功確率 6/10

    迷惑指数 4/10

     

    アルコール等の身体体温を上げてくれる飲み物と睡眠薬を一緒に服用して、5度以下の気温の中で眠りに落ちて死ぬ自殺方法。この手法を、低体温自殺方法と呼ぶ。

     

    通常、人間の体温は30度を下回ると低体温症に陥る。そして更に進んで20度以下になると、非常に致命的である。人により個体差はあるものの、人間の平均体温は約37度(摂氏)である。しかし、人間の体温がたったの一度下がっただけで、悪寒を感じたり、寒気を感じることがある。それだけ人体の温度の維持は、生命維持に関して大切なのである。この人体の仕組みを利用して、極端な温度変化を意図的に発生させて死亡する方法が、この低体温自殺である。凍死自殺とも言う。

     

     

    低体温自殺に必要な条件

     

    持ち物:アルコール、酒類、睡眠薬。

    場所:室内を除く全ての場所、寒い冬の山の中とか、冬の北海道の海とか。

    その他の注意事項:外気が5度以下の気温の中でのみ可能である為、夏場の屋外等では無理である。蒸し暑く、気温も高いので、とても凍死などは出来ない。但し、夏場の関東地方であっても、業務用の冷凍庫の中ならば、真夏であっても凍死は可能である。

     

     

    〇水クッション自殺

    痛みスコア1/10

    手間スコア8/10

    成功確率 6/10

    迷惑指数 1/10

     

    睡眠薬やお酒等にて意識を失う可能性が高いクスリ(主に睡眠薬)を服用し、可能な限り水分を含有させたクッションマット等に意識喪失後に倒れ込み、自身の呼吸を妨げて死に繋げる自殺方法である。警察の捜査では、事故死として処理されるケースもあるという。

     

    水クッション自殺に必要な条件

     

    持ち物:睡眠薬や酒類、意識を喪失する可能性が極めて高い薬物、マット、或いはクッション等。

     

    場所:横たわることが可能で、睡眠を維持することが可能である場所ならば、どこでも可能。人気のない河原でも、土の地面の上に水で濡らしたクッションを置いて、そこに倒れ込めば可能。

     

     

    〇感電自殺

    痛みスコア 8/10

    手間の評価10/10

    成功確率 6/10

    迷惑指数 1/10

     

    一般的な家庭用コンセントは、電圧が低く、よって感電自殺は、やや難しい。しかし、電流が通じる物体を取った後、身体にしっかりと固定し、コンセントの穴に入れると感電することが可能だ。科学的な見地から、水を利用する方法もある。水はよく電流が流れるからだ。又、シャワー・入浴の後に、まだ体中に水滴が沢山付いている状態で感電自殺を行うと、死に至る確率が増す。但し、自身が感電死した後も、オフタイマーがセットされていない限り、死体にも継続して電流が流れ続けるので、第一発見者が不用意に死体に触れれば、二次被害を及ぼす可能性も若干だが、ある。

     

    又、トイレに浴槽があるユニットバスの形式であれば、浴槽に水又はお湯を張り、コンセントに繋いだヘアドライヤーを浴槽に入れれば、感電死する可能性が発生する。

     

     

    〇硫化水素自殺(化学成分を利用した自殺方法)

    痛みスコア 8/10

    手間スコア 7/10

    成功確率 3/10

    迷惑指数 10/10

     

    硫黄系や入浴剤、酸成分、爆発性の有毒ガス等の、発火する性質の化学成分を利用して自殺する方法のこと。各種の自殺方法の中で最も痛みを感じる可能性のある方法でもあり、最も痛みを感じることなく死ねる可能性をも秘めた自殺方法でもある。というのも、この手法は、化学成分に対しての十分な知識が要求されるからだ。中途半端な知識でこの自殺方法に挑戦すると、失敗して、自殺未遂で終わる可能性が高い。しかもその場合、とてつもない重度の身体障碍及び知的障害を背負う羽目になる可能性がある。故に、科学知識に関しての充分なる勉強が、事前に必須となる。そうすれば、痛みを感じる暇もなく瞬間的に死ねるかもしれない。

     

    但し、第一発見者の安全のことまで配慮するのならば、死後のその空間内に残存するであろう有毒成分、有毒ガスの処理まで考えねばならない。故に、密閉した空間内での硫化水素ガス自殺等を起こすつもりであるならば、出入り口の相手側の扉に[有毒ガス発生中、入るな!]等の文面の張り紙が必須であろう。

     

    有毒ガス、特に硫化水素ガス自殺の死に至る過程は、まず硫化水素ガスを体内に吸い込むと、気管支が腐食し、その為に発生する痛みを、意識喪失の直前まで激しく感じ取ることになる。また、意識を喪失するといっても、大抵の場合、一時間以上の長時間にわたりて地獄の苦しみを味わいながら死ぬことになる。つまり、硫化水素自殺方法とは、非常に痛い思い、苦しい思いをしながら苦悶の表情を浮かべつつ死んでいく死に方と言える。

     

    硫化水素自殺のプロセスは、まず肺にガスが入り、次に肺胞に気体が入り込み、血液と混じる。その後、肺静脈へ流れていき、左心室、頸動脈に到達する。その後に発生する症状としては、血圧の急降下、意識喪失、呼吸中枢が抑制され、呼吸停止の至り、最後は窒息死で死ぬ、という段取りである。

     

     

    硫化水素自殺に必要な条件

     

    持ち物:トイレ用洗剤(成分は塩酸9.5%と界面活性剤。車のバッテリーに使用される硫酸に交換可能)、石灰硫黄合剤、警告する為の張り紙、空間を密閉する為のテープ、混合用容器(2個)。

     

    場所:トイレや浴室や車内等の密閉された場所(場所のサイズは、狭い程、密閉作業が楽である)。

     

    その他の注意事項:化学的な知識が必須条件。又、化学成分を用いた自殺方法に関しては、硫化水素自殺の他にも、窒素ガスやヘリウムガスを用いた自殺方法もある。いずれも気体を用いる死に方である。

     

     

    〇アルコール燃料自殺

    痛みスコア 4/10

    手間スコア 4/10

    成功確率 7/10

    迷惑指数 4/10

     

    まず、吐き止めクスリを服用する。次に、ヨーグルトとシロップを混ぜたモノにアルコール燃料を入れる。そうすれば、お酒と区別が付かない程度になる。それを食べるのだが、一気に食べると、体内に入ったメチルアルコールが徐々にホルマリンやギ酸に変化し、中毒症状を誘発して即死に至る。上手く行けば痛みは比較的少ない。但し、失敗すれば、地獄の苦しみが待っている。勿論、自殺未遂で病院に運び込まれた後にも、食道が焼け爛れている為に、集中治療が必要となる。

     

    日本国内では、全然人気の無い自殺方法の一つである。

     

     

    アルコール燃料自殺に必要な条件

     

    持ち物:アルコール燃料、嘔吐剤、ヨーグルトやシロップ、酒類。

    場所:制限なし、どこでも実行可能。

    その他の注意事項:他の自殺サイトでは、この自殺方法は、痛みが激しいと表示されているので、楽に死ねると思わない方が賢明だ。

     

     

    〇市販薬自殺

    痛みスコア7 /10

    手間スコア 2/10

    成功確率 4/10

    迷惑指数 4/10

     

    マイノクシル、ミノキシジル系の育毛剤、ドリエル、ガスター、バファリン等の薬物を用いた自殺方法である。

     

    マイノクシル=ミノキシジル系の育毛剤。大量服用後に30分程で急激な血圧低下が発生し、低血圧や低血糖を引き起こすので、これ単独でも十分危険なのだが、他の危ない薬剤と同時に服用すると、致死率が一気に高まる。

     

    ドリエル=約100錠で致命的となる。眩暈、頭痛、視力低下等が発生し、気絶し安楽死する可能性もある。早期に痙攣が引き起こされた場合、気絶せずにそのままの痛みが数時間持続した後、心停止で死ぬ。

     

    ガスター=約100錠で致命的なダメージを肉体に与えることが可能。瞳孔縮小、呼吸困難、嘔吐の身体症状が頻発した後、低血糖を起こして心停止で死亡する。

     

    バファリン=約50~100錠で致命的となる。血液が徐々に酸性化され、身体の神経が刺激され、麻痺し、激しい痛みを伴いつつ、気管支出血の為に死に至る。

     

     

    〇毒草自殺

    痛みスコア 4/10

    手間スコア 4/10

    成功確率 8/10

    迷惑指数 4/10

     

    バゴト、シキミ、チョウセンアサガオ等を利用する自殺方法。

     

    バゴト=園芸店で購入可能であり、球根をそのまま食べると即死する。少量を摂取した場合、数分の間に激しい痙攣が起こり、劇的な血圧の上昇を伴う壮絶な痛みに苦しみながら死ぬ。

     

    シキミ=実が毒を持っている。すり潰して飲めば致命的である。独特の香りを持っており、味は良くない。

     

    チョウセンアサガオ=根から葉、花に至るまで、全身に猛毒が含まれている。特に実や種には、アトロピンとチアミンという幻覚成分が含有されている。葉なら10枚程度を刻んで食べるだけで、30分後には意識朦朧となり、仮死状態となる。他のクスリと併用すれば致死率が高まる。

     

     

    〇医療で処方された薬剤の乱用、過剰摂取による自殺

    痛みスコア 5/10

    手間スコア 5/10

    成功確率 1/10

    迷惑指数 4/10

     

    医療処方の服用目的の処方薬を、飲まずに沢山溜めて、ある程度溜まった後に、その大量のクスリを一気に過剰摂取し、自殺する方法である。

     

    医療技術と医薬品の製造技術が進歩するにつれて、殆どの医療で処方される薬の致死率は極めて低くなった。例えば、昔の睡眠薬ならば、ほんの少量を一気飲みするだけで死亡することが可能であったが、現代の睡眠薬は、数百錠を一気に飲まねば死に切れない程に安全性が高められており、中々死に切れない。更に、処方薬と言っても、ありとあらゆる病に対応した千差万別の藥がある故、一体どの薬を大量に服薬すれば死に切れるのか、医学者や医療関係者でなければ把握は困難である。

     

    それぞれのクスリ毎に痛みの感じ方は異なる。薬の副作用が多種多様なのである。首吊りのように簡単な自殺方法とは異なり、医学的な知識が必要なのだ。闇雲に、市販薬を単に過剰摂取したのみでは、成功確率は極めて低い。単に病院に運び込まれて、胃の洗浄を受けて、高い治療費を請求されて終了であろう。

     

    ただ、練炭自殺と睡眠薬を併用する等の、他の自殺手段と組み合わせることで、致死率を著しく高めることは可能である。

     

     

    クスリを用いた自殺に必要な条件

     

    持ち物:抗うつ薬、睡眠薬等の精神医学で処方された服用薬(呼吸停止と心停止を引き起こす可能性が高い薬品程、成功率が高くなる)。

     

    場所:制限なし。但し、警備員や警察官がいるような場所は邪魔されるので止めた方がよい。

     

    その他の注意事項:精神的な治療とカウンセリングを受けたのならば、自殺せずに、そのまま継続して治療を受けた方がよい。将来的に死にたい気持ちが覆るかもしれないから。

     

     

    〇焼身自殺

    痛みスコア 10/10

    手間スコア 6/10

    成功確率 9/10

    迷惑指数 4/10

     

    自らの身体にガソリンや灯油といった発火性の液体をかけて、マッチとかライターとかチャッカマンで火を点ける。そして肉体全体を焼いて死に至らしめる、非常に痛みを伴い、且つ、見苦しく、大きな衝撃を周囲の人々に与える自殺方法である。

     

    焼身自殺方法は、いかなる他の自殺方法よりも遥かに苦痛であるという。ほぼ全ての皮膚を焼いて爛れた状態になっても、尚、生き永らえ、死ぬことは出来ないケースもある。即死は勿論、絶対に無理である。睡眠薬を飲み、夢うつつのまま燃焼するというのも不可能だ。いくら深い眠りについていても、身体が燃え盛る状態に陥ったならば、意識は強制的に戻されるからだ。

     

    運が良くないと、早期に救急車で運ばれ、病院にて皮膚移植を受けることになる。しかし、助かる保証など微塵もない。そのまま二十日間程度、病院のベッドの上で地獄の苦痛を感じつつ、遂に息を引き取る。残された遺族には、数千万円もの治療費の請求がなされ、家族の方も生き地獄を味わうという、最悪クラスの自殺方法なのである。

     

    でも、早ければ数時間以内とか、半日以内に死亡することも可能だ。もっと早ければ、一時間以内に死ぬことも出来る。但し、人気のある街中等でやれば、誰かしらが近くの建物から消火器を持ってきて噴射して鎮火するだろう。それを避ける為には、自然の中の人気の無い場所で焼身自殺を遂げるしかない。

     

    しかし、その場の近くに池や沼、溜池や湖があったならば、思わず、無意識の内に、その水気の方向に飛び込もうとするであろう。地獄の苦痛の前では、焼身自殺をする前の[必ず死んでみせる!]という決意も、虚しく散るのだ。

     

    故に、普通にひっそりと死にたい人には、絶対に推奨されない死に方である。

     

     

    焼身自殺に必要な条件

    持ち物:ガソリンか灯油、可燃性の液体、発火可能なライターやマッチ、チャッカマン等。

     

    場所:どこでも実行可能だが、人気の無い場所が望ましい。あとは近所に鎮火可能な池や湖が無い場所。

     

    その他の注意事項:もしも焼身自殺が未遂に終わった場合、社会復帰はとても大変だ。それと、医療費は超高額になる。健康保険は自殺の結果の治療であるが故に、多分、使用不可能であるから。

     

     

    〇鉄砲自殺(拳銃自殺)

    痛みスコア 1/10

    手間スコア 2/10

    成功確率 10/10

    迷惑指数 8/10

     

    銃自殺は、全ての自殺方法の中で最速に死ねる方法である。アメリカでは銃の所持は、自衛の為に合法であるが、自衛の為よりも、自殺の為に拳銃が用いられるケースが多い。日本国内では、拳銃の所持は特殊な職業の人以外は無理なので、年間にして、殆ど銃自殺は起きない。

     

    銃口を頭部に向けて撃つと、弾丸が脳を貫通し、脳損傷で死亡することが出来る。痛みもほぼ無いし、苦痛を感じる間もなく即死出来る。但し、打ち所が悪ければ、死に切れず、長時間苦しむ羽目になる。昔、昭和の時代に、とある芸能人が猟銃自殺を遂げたことがあった。猟銃ならば日本全国に多数存在しているのだが、こちらも年間十件程度の自殺件数しかないという。

     

    日本人で銃を用いた自殺をするのは、思い悩んだ警察官が、自分の腰のホルダーに入れてあるリボルバー式の拳銃を用いて死ぬケースと、ヤクザが自決する時に用いる位だ。一般庶民の中には、ハンドガンは全然出回っていないから、そもそも無理だ。

     

     

    〇安楽死自殺

    痛みスコア 1/10

    手間スコア 2/10

    成功確率 10/10

    迷惑指数 2/10

     

    全ての自殺志願者と、自殺未遂者の内の再度死にたいと思っている人が望む、理想的な自殺方法である。全く痛みを感じることなく、安らかに死ねるということから、安楽死と名付けられている。

     

    但し、現在、合法的に安楽死出来る国は、オランダやスイスといった、ごく一部の国しかない。又、それらの国においても、単なる自殺志願者に安楽死の為の薬剤投与は認められていない。あくまでも、末期癌等の、もう助かる見込みの無い重病人等に限り、安楽死が認められているのである。

     

     

    〇リストカット自殺

    痛みスコア 8/10

    手間スコア 6/10

    成功確率 2/10

    迷惑指数 3/10

     

    手首の中央を走る動脈及び静脈を、先の尖った鋭利な刃物で切断し、出血性のショックで死ぬ自殺方法である。

     

    但し、現代において、リストカットとは、死ぬ為の手段ではなく、常に死にたいと思っている人達が、生きている実感を感じたいが為に行う行為である。本気で死ぬ気はない。もしも本気で手首を切断して、或いは手首の中の動脈や静脈を切断して死ぬつもりならば、肉切包丁のような殺傷力の高い刃物を用意する筈である。単なる安物のカッターナイフ程度では、そうそう死に切れるものではない。

     

    リストカット自殺の方法は、剃刀やナイフ等を使用する為、他の方法よりも道具を簡単に入手し易い。文房具屋でカッターナイフを購入したとしても、誰もそのカッターで自殺行為をするとは思えないであろう。また、安価且つ手軽に実行可能な自殺方法であるが故に、主に若年層に人気の自殺方法となっている。とはいえ、本気で死ぬつもりでリストカットをする若者は、そんなには存在していないのだが。

     

    本気でリストカットをして死のうとした人の内、成功したのは僅か5%程度らしい。

     

    手首の皮膚にうっすらと見える血管は、それは静脈であり、静脈を切っても、動脈程には致死率は高くない。そして勿論、苦痛はちゃんと感じるから、結局、死ねないのに激しい痛みは感じ続けることになる。但し、静脈であっても、絶対に死なないという訳ではない。稀に死ぬこともあるので注意が必要だ。心臓の鼓動が速まったり、身体が温かくなれば、血流が早くなり、その分、静脈からの出血量は増すからだ。そういった意味で、傷がちゃんと癒えていない段階で、再度同じ箇所をリストカットするのはよくない。まあ、それはあくまでも、助かる為にはどうすべきか?という観点からの話だが。

     

    リストカットでどうしても死にたい場合には、動脈を確実に切断しなければならないが、通常、動脈は手首の中の深い位置にある為、肉眼で確認することは不可能だ。故に、絶対に死にたいと思っている、死ぬ覚悟を決めた自殺志願者が採用するような自殺方法ではないのだ。あくまでも、リストカットとは、手首の表面を薄くカッターナイフで切って、うっすらと血を滲ませ、生きている実感を得る為に行う行為のことだから。

     

     

    他にも色々な自殺方法が考えればあるのだろう。しかし、主な自殺方法は上述した通りである。勿論、この文章は、あなたを死に追いやる為ではない。生き抜く為に必要な知識を教えるサイトへと誘導する目的で制作したものだ。故に、どうか早めにリンク先から誘導先の自殺防止サイトに飛んで、内容を熟読して頂きたい。

     

    どうか、あなたの死にたい気持ちが消え去りますように。

     

     

     

    自殺の霊的知識へ
    [死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時の自殺方法・自殺のやり方・自殺の死に方]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について